結城紬の素朴な疑問!本場結城といしげ結城の違いとは

結城紬

結城紬は、重要無形文化財であり、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。

ユネスコの無形文化遺産に登録された染織は、
小千谷縮・越後上布の続いて2点目になります。
縮や上布は麻の織物なので、
絹織物では、唯一のユネスコの無形文化遺産です。

結城も証紙の違いで見分けます。

本場結城紬は、証紙に「結」のマークがついています。
そして、右にある証紙に「高機」「地機」が明記されており、見分けられます。
高機も地機も手織りです。

本場結城紬は、
縦横とも無撚糸(ヨリを掛けない糸)を使っている世界でも他に類を見ない織物です。

ヨリが無い糸なので、着れば着るほど、真綿がほぐれてきて、柔らかくなります。

以前は、地機で織られている商品には、
すべて「重要無形文化財」の証紙が貼ってありましたが、
いろいろあって、今は「重要無形文化財」の証紙は貼っていないようですね。

いしげ結城紬

出展:結城 龍田屋

出展:結城 龍田屋

証紙に「紬」のマークがある結城紬は、
いしげ結城で、本場結城紬ではありません。
機械織りになります。
機械で織っており、経糸は真綿糸を使っていません。

本場結城紬と比べると価格が安く、色柄も豊富で流通量も多いので
結城紬を着てみたい人には良いと思いますね。

本場といしげの違いは、証紙が無ければプロでもなかなか見分けがつきません。

まずは、いしげ結城で結城紬の着心地を味わってみてはいかがでしょうか?

結城紬は奥が深いです。
もっと詳しく知りたい方は、ネット上にたくさんあるので、
調べてみてくださいね。いろいろあって、おもしろいですよ。

縮み織りと平織

本場結城紬もいしげ結城紬も平織と縮みがあります。

昭和20年から30年代は、本場もほとんど縮み織りというくらい多かったようですが、
重要無形文化財に認定される織り方は、平織だけなので、
一気に縮みの生産が減りました。
現在の縮みの生産量は、全体の3%という事です。

いしげ結城も縮み織りの生産量は少なく、展示会でも10反前後しか見ませんね。

縮み織りは、単衣をおススメします。
糸が真綿で暖かいですから、5月から10月くらいまで着られますね。

2枚目、3枚目で購入する人が多いですね。
数が少ないので気に入った柄があったら、手に入れて下さいね。

結城紬の良さ

結城紬は、真綿から糸を取り、撚らない糸(無撚糸)の織物です。
糸を撚っていないので、真綿を着ているような着心地です。

反物の段階では、固くて張っているような生地ですが、
本湯通しでノリをきちんと落とすと、真綿の柔らかさになります。
そして、着れば着るほど糸が真綿に戻り、身体に馴染んできます。

そして、真綿ですから生地は軽く温かいです。
関東なら、4月から単衣で着られますし、袷なら真冬でも温かいです。

柄も、昔ながらの亀甲柄からモダンな柄までいろいろ選べるようになってきました。

色も合い、ベージュだけでなく、色々ありますので、
自分の好きな色を探せますよ。

 

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

出展:茨城県結城郡織 物協同組合

出展:茨城県結城郡織 物協同組合

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

出展:茨城県結城郡織 物協同組合

出展:茨城県結城郡織 物協同組合

[/wc_column][/wc_row]

結城紬について、私の思うところ

私の会社では、以前は、奥順さんの商品がメインでしたが、
最近は、結城屋さんや小倉商店さんの商品を主に取り扱っています。

どちらも素晴らしい商品を良心的なお値段で販売していると思います。

結城屋さんは、いしげ結城が中心で買いやすいお値段とオリジナルな色柄で
結城を持っている人がもう一枚買いたくなるような提案をしていますね。

社長の井上さんは、結城紬の存続のため、結城紬の職人さんのため、
そして買ってくれたお客様に喜んでもらうために
いつも一生懸命接客していますよ。

ですから、井上社長のファンも多いですね。

小倉商店さんは、本場結城紬の取り扱いが多く、
貴重で高価な商品を取り扱ってます。

しかし、伝統的な商品だけでなく、
オリジナルで新しい織り方や柄も発表していますよ。
縮み織りの夏物や透け感がある単衣は今までにない新しい商品ですね。

お二人とも現場のお客様の声を聞きながら、物作りをしていますね。

結城は、手織りの本場と機械織りのいしげがあり、さらに平織と縮み織りがあります。
手織りの本場でも、地機と高機があります。
どれも素晴らしい商品です。

最後に、もしあなたが結城紬が欲しいと思うなら

いしげ結城を本場と言ったり、高機で織った物を重要無形文化財を言うような
「詐欺」のような商売に気を付けてください。
そのためには、結城紬についてきちんと説明できるお店で購入する事ですね。

いくつか質問をして、答えがあいまいなお店は避けた方が良いですよ。

それと、結城紬をすぐに値引きするような商売をするお店も避けた方が良いです。

結城紬は、正札が適正価格であれば、値引きはほとんどできませんので、注意してくださいね。

今回は、「結城紬の素朴な疑問!本場結城といしげ結城の違いとは」でした。

何か質問があればいつもで遠慮なくお問い合わせくださいね。

それではまた〜(^O^)/


メルマガ登録「丸洗い千円割引チケット」プレゼント



丸洗い(着物・帯・長襦袢)の料金1,000円引きいたします。

3,800円+税⇨2,800円+税
留袖・振袖・袴は追加料金500円+税
3点のみ対応いたします。
メルマガ登録者だけに、シークレットセール情報を配信します。
週に一度、入荷商品情報、イベント情報、セール情報、
さらにメルマガ読者のみの極秘情報を発信します。 ぜひ、ご登録してくださいね。
ニックネームでも可です。