2020年の浴衣商戦もいよいよ2月から始まります。

もう、浴衣?まだ早いんじゃないの?と思われる方も多いと思いますが、オリンピックの開催によって花火大会が5月から始まります。

しかも当店は反物からお仕立てが基本なので、注文してから1カ月程度掛かります。ですから、3月中に仕立てないと5月の花火大会に着られません。

また、地球温暖化で毎年浴衣の季節が早まっています。昨年はゴールデンウィークに浴衣や小千谷縮みを着ていた方がチラホラいました。

そして、当店の主力商品である「三勝」さんの浴衣は、毎年人気柄は品切れになりますので、お早目の購入をお勧めしています。

本格派浴衣のおススメ柄

絹紅梅夏小紋

太い糸は綿糸で細い糸が絹糸の着物なので、浴衣というよりも夏の小紋ですね。

太い綿糸で格子に織って、その他の部分は絹糸です。

染元は、新潟県小千谷市片貝の紺仁(こんに)工房で、創業宝暦元年以来250年間、正藍染で型染小紋を作り続けています。その藍色は天然藍の中でも黒ずんだ力強さがあり、越後正藍染めと呼ばれています。

今回、紺仁工房の越後正藍染め絹紅梅小紋を4反仕入れました。価格は、10万円+税です。お仕立ては、国内手縫い縫製28,000円+居敷当3,000円+衿裏1,500円+湯のし1,500円で34,000円+税がプラスになります。

絹紅梅1全体写真 絹紅梅2全体写真 絹紅梅3、4全体

絹紅梅1柄アップ 絹紅梅2柄アップ 絹紅梅3,4アップ

 

絹紅梅の無地もございます。

価格は、5万円+税です。

絹紅梅無地3反 絹紅梅無地2 絹紅梅無地市松

綿紅梅 豆引染小紋

こちらは、綿紅梅の生地に東京染 豆引染(ごびきぞめ)で型染した小紋です。

大豆の汁で綿紅梅の生地を下染めし、その後型紙を置き、刷毛で染め上げた型染小紋です。

綿紅梅は、太い綿糸と細い綿糸で織った生地で太い綿糸を格子に織っているのでサラッとして着やすい高級生地です。

綿100%の生地は水洗いできるので、汗をかいても丸洗いすれば清潔に着られますね。

東京染の型染がオシャレで高級感があり素敵ですね。

価格は、45,000円+税です。お仕立ては、浴衣仕立てで国内手縫い13,000円+税です。

豆引染小紋4反 豆引染小紋白紺 豆引染小紋水色

        豆引染小紋紺細かい柄   豆引染小紋紫

これからますます浴衣生地が増えますので、どんどん追記していきます。

楽しみにしてくださいね。

 

 

「きものOld&New六本木店」のホームページはこちらです。

店内正面斜めからの写真  店内中古小紋コーナー

六本木のリサイクル着物店「きものOld&New」のホームページはこちらをクリックしてくださいませ。

  • 質問・相談何でもお気軽にお問い合わせ下さいね。