着物の格と種類と着て行く場所

着物を着る時は、格を意識しなければいけません。
着物、帯、小物全てに格があります。
このことが着物を難しくして、着物離れを増やしていると言えます。
しかし、格を意識した着方をすると人前で安心して着物を着られます。
現代に合わせて簡単に説明しますので、格を意識してみてください。

着物の格は4種類に分け、格に応じた着物の種類と着て行く場所を表にしました。
着物の格着物の種類着て行く場所
第一礼装留袖・色留袖・振袖・黒紋付結婚式・お葬式
セミフォーマル(準礼装)訪問着・付下・紋付の色無地・紋付の江戸小紋披露宴・入卒式、表彰式など式典・お茶会
外出着付下・色無地・小紋新年会、同窓会など・観劇、コンサートなど・お茶席、お茶会
カジュアル(普段着)色無地・小紋・紬・浴衣お稽古・趣味の会・観劇・お出かけ・美術鑑賞

着物の格について説明します。

第一礼装

ハレの日に着る着物です。
ミスの第一礼装は振袖、ミセスの第一礼装は留袖です。
着物の種類説明
黒留袖・色留袖(五つ紋比翼仕立て)金糸銀糸の袋帯・唐織袋帯・つづれ織りの名古屋帯ミセスの第一礼装です。色留袖も黒留袖と同格ですが、結婚式の両家の母親と仲人は黒留袖に決まっています。
第一礼装の色留袖は、正式には5つ紋の比翼仕立てです。最近は未婚女性が色留袖を着用できます。
本振袖豪華な袋帯・丸帯ミスの第一礼装です。
黒紋付黒の袋帯・名古屋帯お葬式はミス、ミセスとも和装の場合は黒紋付を着用します。

セミフォーマル(準礼装)

セミフォーマル(準礼装)は、礼装の次にくる格です。
披露宴や入卒式、初釜などに着用します。
着物の種類説明
色留袖(一つ紋、三つ紋訪問着仕立て)豪華な袋帯・つづれ織りの名古屋帯最近では未婚女性も着られます。訪問着と兼用に着ると着て行く幅が広いです。
振袖豪華な袋帯・丸帯ミスの第一礼装ですが、披露宴や式典に参加できます。
訪問着・付下げ豪華な袋帯・つづれ織りの名古屋帯訪問着はミス、ミセスとも第一礼装に次ぐ格式の高い着物です。付下げは訪問着の略式ですが最近はほぼ同じ場所に着ていけます。
紋付の色無地袋帯・つづれ織りの名古屋帯準礼装として着る場合は一つ紋があった方が良いです。特にお茶会などは紋が必要です。
紋付の江戸小紋袋帯・つづれ織りの名古屋帯色無地と同格になります。一つ紋付が準礼装です。

外出着

着物の種類説明
付下げ袋帯・九寸名古屋帯訪問着のような華やかさがあるので、パーティーなどの華やかな席や観劇・お茶会も向きます。
小紋おしゃれ袋帯・九寸名古屋帯柄と合わせる帯によって着る場所が変わります。江戸小紋は色無地と同格です。
色無地おしゃれ袋帯・九寸名古屋帯帯によって着る場所が変わります。紋がない場合は、外出着に向いています。
紬の訪問着おしゃれ袋帯・九寸名古屋帯紬の訪問着は観劇やパーティーに向いています。
紬の色無地おしゃれ袋帯・九寸名古屋帯・八寸名古屋帯普通の色無地と同じように着られます。
お召しおしゃれ袋帯・九寸名古屋帯・八寸名古屋帯無地のお召しなら色無地と同格で着ることができます。

街着(カジュアル)

着物の種類説明
おしゃれ袋帯・九寸名古屋帯・八寸名古屋帯・半巾帯大島紬、結城紬、牛首紬などの有名産地の紬は高級ですがカジュアルです。
麻、上布おしゃれ袋帯・九寸名古屋帯・八寸名古屋帯・半巾帯麻も高級素材ですがカジュアルです。上布は特に高級品です。涼しくて着やすい着物です。
ウール九寸名古屋帯・八寸名古屋帯・半巾帯ウール100%とシルクウールがあります。シルクウールは高級感があってとても着やすい着物です。
木綿九寸名古屋帯・八寸名古屋帯・半巾帯自宅で洗えるのが大きなメリットです。デニム着物もあっておしゃれです。
浴衣九寸名古屋帯・八寸名古屋帯・半巾帯絞り、注染、長板染は着物としても着られる高級浴衣です。最近は反物から作る人が増えています。

シーン別のふさわしい着物

シーン着物の種類解説
結婚式(母親・仲人)黒留袖(母親・仲人)黒留袖・5つ紋色留袖(身内ミセス)本振袖・5つ紋色留袖(身内ミス)結婚式は第一礼装が基本ですが両家納得なら訪問着もOKです。
披露宴のみ出席振袖(未婚)・訪問着・付下げ・色無地・江戸小紋・紬訪問着・紬無地・お召無地披露宴はパーティーなので、幅広い着物でOKです。帯は袋帯が良いです。
入学式卒業式など式典訪問着・付下げ・色無地・江戸小紋・紬訪問着・紬無地・お召無地入卒式は付下げ、色無地が合いますが幅広いお着物で平気です。
新年会、忘年会、同窓会など訪問着・付下げ・色無地・江戸小紋・紬訪問着・紬無地・お召無地・小紋紬や木綿などカジュアル過ぎなければ何でも良いです。付下げ、小紋がお勧めです。
観劇振袖(未婚)・訪問着・付下げ・色無地・江戸小紋・紬訪問着・紬無地・お召無地・小紋観劇も演目や席の場所で着物の種類が違います。あまりカジュアル過ぎない方が良いです。
お茶会振袖(未婚)・訪問着・付下げ・紋付色無地・紋付江戸小紋お茶会出来る着物を迷ったら先生の相談するのが一番です。初釜は華やかに訪問着が良いです。
お食事会色無地・江戸小紋・紬訪問着・紬無地・お召無地・小紋・紬基本はカジュアル着物で良いです。帯も名古屋帯です。
旅行・外出・街着色無地・江戸小紋・紬無地・お召無地・小紋・紬・木綿・シルクウール動きやすいカジュアル着物がお勧めです。